スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の制作スケジュールについて

新年、あけましておめでとうございます。よしのでございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
今回のブログでは、今年の制作スケジュールについて
書いていこうと思っていますので、お付き合いいただけましたら幸いでございます。

今年は「 喪失の少年少女 第三部 」 「 グラッシーズ ガール 」 の2本をメインに
制作していこうと思っております。
時間があれば息抜きの短編ネタゲームを作るかも作らないかもです。

喪失の少年少女につきましては、色々な事情で制作が難航しており、
第二部の発売からかなりの時間が経ってしまいました。誠に申し訳ございません。
第三部の発売は本年の末、冬コミを目標にしておりますので、
楽しみにお待ちいただけましたら幸いでございます。
また、発売に伴ってキャンペーン等も行う予定でございます。
第一部から始めておりましたスタンプラリーキャンペーンですが、こちらの特典も
制作の遅延を加味した豪華なものにしようと考えておりますので、
あらためまして、よろしくお願い申し上げます。
夏頃から第三部の情報を随時公開していく予定です。

グラッシーズガールにつきましては、DenpaSoft様との共同企画となりまして、
日本語版・英語版を同時発売する予定でございます。
発売につきましては、英語翻訳が終わり次第となりますので、
こちらも追って発表させていただきます。
メガネっ娘にスポットを当てた学園恋愛ADVという、メガネっ娘好きのための
ゲームとなっており、登場人物は全員メガネキャラでございます。(18禁作品)

上記2作品以外には、「クリーチャーと恋しよっ!」英語版の公開も予定しております。
また先述の通り、短編作品も少しだけ考えております。
以前にゴキブリのゲームとかふざけたことをツイートしたこともありますが、
内容は完全に未定となっております。

そして、これは今年のことではないのですが、
現在、当サークルでは「 幕末 」を舞台にしたゲームや「ドラゴン」にスポットを
当てたゲームなども企画しております。
こちらにつきましても続報をお待ちいただければと思います。

最後に、昨年までに発表した作品を一覧にしてみようと思います。
2011年 カミサマの好きな色 ・ カミサマの好きな色 plus another story
2012年 カミサマの好きな色 true color ・ ここのえこころ
2013年 喪失の少年少女 第一部:殺 ・ クリーチャーと恋しよっ!ここのえこころ
2014年 喪失の少年少女 第二部:死 ・ クリーチャーと恋しよっ!for乙女
2015年 クリーチャーと恋しよっ♪ (角川エンターブレイン 書籍)
       https://www.enterbrain.co.jp/product/
2016年 奴隷少女と機械人形の王子 (ビジュアルノベル)
       https://storie.jp/creator/story/12332
2016年 宇宙忍者と、セカイを守る三つの方法 (RPG)
       http://space-ninja-game.tkool.andapp.jp/

そして、今年2017年 喪失の少年少女 第三部 特設サイト、秋頃公開予定。
       http://nostalgia2010.com/soushituproject/

TOP2のコピー - コピー

最後に、本当に発売するのかという不安等を抱かせてしまい、
誠に申し訳ございませんでした。
みなさまからいただいております激励のメール等は全て拝読しております。
みなさまからのお声が僕らの活力となっております。本当にありがとうございます。
どんなことがあろうとも、喪失の少年少女は最後までやりきると決めてサークル活動を
行っておりますので、今後ともあたたかく見守っていただけましたら幸いでございます。
もちろん、グラッシーズガールをはじめとするその他の作品も責任を持って
制作してまいります。

サークル結成から6年半。まだまだ未熟者な僕たちですが、
今後ともよろしくお願い申し上げます。



スポンサーサイト

nostalgia5周年


おひさしぶりです。こんばんは。いつもありがとうございます。
よしのでございます。

早いもので前に更新してから1年半が経ってしまいました。
そして、いつの間にかうちのサークルは5周年を迎えました。
色々なことがあった5年間でした。おもいで話を少々……。
うさんくさいブログみたいな文章になるのは目に見えていますが、
お付き合いいただけましたら幸いでございます。

あれは2010年の夏のことでした。
バイト先のゴミ置き場兼休憩所で、うだるような暑さを呪いながら昼食をとっていると
突然、友人からメールが届いたのです。
「前に話してたゲーム作るって件、
 俺けっこうプログラムいけそうだけど、よしのはどう?」
それを見て最初に僕が思ったことは――
 ああ、秋葉原でそんな夢物語を語り合ったなあ。
という昔を懐かしむようなものでした。
ゲーム制作に関係あることをまったく学んだことのない僕からしたら、
その話は「やりたいけど出来ないこと」を語ったにすぎなかったのです。
しかし、昔から物語を作ることが好きだった僕は、
「プログラムいけるか! よっしゃ! 俺が代表とかシナリオとかやって、
 イラストとか他もなんとかするからやろうぜ! サークル名はどうする!?」
ノリノリで返信したのでした。
その友人というのがペンネームがやたらとかっこいい
漆黒の龍二(しっこくのりゅうじ)でした。
そこから先は大変でした。まずはイラストについて悩みました。
絵を描くことも好きだったので、自分がイラストもこなしてしまえと思ったり
もしたのですが、どうにも上手く描けない。ブランクが酷い。ついでにめんどくさい。
僕と漆黒君の中で、ノベルゲームを作ることは決まっていたので、
イラストは絶対不可欠。でも俺描くのいやだ。もう誰かに丸投げしてしまえ!
そう思った時に、真っ先に思い浮かんだのが大根丸でした。
いつだったか、絵を描いているという話を聞いた気がしたのです。
そして、彼はふたつ返事で引き受けてくれました。
その裏には「どうせ完成しないだろうし、まぁいっかー」という
思いがあったそうですが……。
しかし、いつの間にか描くのが楽しくなっていたらしく、
彼のモチベーションはうなぎのぼり。
大根丸の絵の上達ぶりを見る度に、僕のやる気も爆発。
シナリオを書いたり、音楽を依頼したり、ホームページを作ったり、デザインをしたり……。
漆黒君は学校とバイトの合間を縫って、プログラムやらスクリプトやらをいじり、
大根丸はひたすらイラストを描きまくりレベル上げに切磋琢磨し……。
そうこうして、よしのよしゆき・大根丸・漆黒の龍二の三人による
同人ゲームサークル「nostalgia」が結成されました。

ここから先は書ききれないくらいの思い出があるので、
はしょってパパッと失礼します。めんどうになったわけではないです。
詳しく聞きたいという方はぜひ飲みに行きましょう。
よしのは創作してる誰かとたくさん語り合いたいのです。
話を戻しまして、、、
2010年の夏にサークル結成し、それから1年後の2011年に、
1作目「カミサマの好きな色」を夏コミへ持っていきました。
持っていった100本が昼前くらいだったか、完売しました。
制作過程の苦労や不満なんて吹っ飛ぶくらいに嬉しかったです。
半年後の冬、コミケ合わせで「カミサマの好きな色 plus another story」を発売し、
それを2012年に「カミサマの好きな色 true color」へとリニューアルし、
5月のコミティアへ持っていきました。これも完売しました。
同人活動・ゲーム制作の知識ゼロから始めて、この順調な滑り出し! 快調――
なんて思っていたら不協和音が。
漆黒君がサークルを抜けると言い出しました。就職という理由もあったらしいのですが、
それよりもなによりも、制作過程における彼の苦労を僕が理解していなかったことが
一番の要因だったと思っています。
今でも後悔しているのは、そこで僕が彼を引き止めなかったことです。
彼は優秀なプログラマーでした。痛すぎる損失。もったいない。それだけではない、
一緒に夢を語り合った学生時代の友人……。
今は彼とまたゲーム制作をしたいと迷わず言えるのですが、
当時の僕は、去る者追わずの考えで、自らスクリプトをいじることにしてしまったのです。
実際にやってみてはじめて、漆黒君の苦労を知ったのですが……。
大根丸と二人だけになってしまったサークル。
そんな悲しい出来事があっても同人活動をやめようという気は起こらず、
僕も大根丸も、創作活動こそが自分のやりたい事なんだと再認し、
互いに鼓舞しあうことでなんとかその時を切り抜けました。
その夏、僕は遥か昔の友人のモーセルを召還しました。小学校時代の友達です。
絵がうまく、天才肌なモーセル。
彼が「参加したい!」と言ってくれた時は、しめた! と思いました。
プログラマーが抜けたのに、なぜかイラストレーターを入れてしまいました。
けれど、彼が入ったことによって「クリーチャーと恋しよっ!」が生まれました。
3人で飲んでいる時、酔っ払いアホみたいなテンション、
「もうヒロインは人間じゃなくてもいいんじゃね?」みたいな話題で盛り上がり、
手軽な作品を作ってスクリプトの練習をしたかった僕は、
そんな短編をサクッと出してしまえーと、その飲み会を企画会議にしてしまったのです。
そして「ここのえこころ」の制作がはじまりました。
それと同時に「喪失の少年少女」の企画も開始。
大根丸のアパートに篭もって2人でキャラデザやら
設定を語り合ったのがいい思い出です。
身内が言うのもアレですが、大根丸のイラストは本当に成長しました。
当時もですが、今はもっとイイ感じになってます。
僕的には、彼がいつか画集を発売できるくらいに大物になると信じています。
ここにアップしている5周年記念イラストより、
むしろ最新のヤツをみんなに見てもらいたい……。

気付けば読み返すのも面倒になるくらいに長くなってきました。
もっともっとはしょっていきます。
そんなこんなでnostalgiaは、僕と大根丸とモーセルの3人のサークルになり――
2012年の冬コミにて「ここのえこころ」を発表。轟沈。
2013年の夏コミにて「喪失の少年少女 第一部:殺」を発表。完売。
その夏コミ後に「ここのえこころ」を内容変更・無料化。
「クリーチャーと恋しよっ!ここのえこころ」としてフリーゲーム公開。
同作品が自作ゲームフェスにて「ねとらぼ賞」を受賞。
ニコニコ動画で実況が盛り上がってくれたのもこの頃です。
次の作品に向けてスクリプターの「たかまん」がお手伝い開始。
翌年の夏コミに向けて「喪失の少年少女 第二部:死」と
「クリーチャーと恋しよっ!for乙女」の制作を開始。
2014年の夏コミにて「喪失の少年少女 第二部:死」を発表。
それと同時に「クリーチャーと恋しよっ!for乙女」をフリーゲーム公開。
その秋にエンターブレイン様より「ゲームノベライズ賞」をいただきました。
そして2015年、「喪失の少年少女」の第三部を出すつもりでいました。
しかし、出せないまま今に至ります。申し訳ありません。
知っている人も何人かいると思いますが、
今年の初め頃にうちのサークルは消滅しそうになりました。
しませんでしたが。
うちに災厄をもたらしてくださった方々へ憎悪の念をお送りすると共に、
励ましてくださった方々、いつも見守ってくださっている方々、
制作を手助けしてくださった方々、すべてのユーザー様に心より感謝申し上げます。

まったく5年を振り返れていませんが、
書ききれないほどたくさんの方々に支えられてきた5年間だったことは間違いないです。
こうやって作品を制作してこられたこと、今も制作を続けられていること、
本当に幸せなことだと思います。
ありがとうございます。
歩みを止めず、作品を発表をしていくことで恩返しができればと思います。
現在、うちのサークルは「喪失の少年少女 第三部: 」を制作しつつ、
いくつかの企画を進めております。
また近い内に何かしらの発表ができるかと思いますので、
そちらにも注目していただけましたら幸いでございます。
長々と駄文を失礼いたしました。

おかげさまでnostalgiaは5周年。
これからも自分たちの作りたいものを
ひたすら作るだけのオナニーサークルではあると思いますが、
変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

いつもありがとうございます!


よしのよしゆき

全員集合 完成yoshiのコピー222333
※クリックで拡大

↓喪失の少年少女 第二部:死 オープニングムービー
https://www.youtube.com/watch?v=7Sp6Z8ptAhc
みれこたさんの作るムービーはかっこいいです。是非ご覧下さい。






喪失の少年少女とクリーチャーと恋しよっ!の御礼と挨拶などなど

00000000000213.jpg

おつかれさまです。おひさしぶりです! よしのでございます!

4ヶ月ぶりくらいのブログ更新、色々書きたいことは山々ですが、
まずはじめに、「クリーチャーと恋しよっ! -ここのえこころ-」が
去年の10月頃の「ニコニコ自作ゲームフェス2」にて、
ねとらぼ賞をいただきました!
■ ねとらぼ様
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1311/15/news120.html
皆様のご支援あっての受賞で、本当にありがとうございます!
ねとらぼ様、ひどいゲームを選んでくださり、ありがとうございます!
そして、たくさんの実況者様がプレイしてくださいましたが、
楽しんでいただけているご様子で、嬉しい限りでございます!
実況者様、ありがとうございます!
動画を見て興味をお持ちになられましたら、
是非、こちらからダウンロードしてください! 無料です!
■ ふりーむ!様
http://www.freem.ne.jp/brand/3277
乙女ゲー版や人間版、海外版のリクエストの多いこちらの作品ですが、
色々とサークル内で検討しておりますので、
今後もあたたかく見守っていただければ幸いでございます!

次に、昨年末の冬コミにて、
喪失の少年少女 第一部:殺」再販分をお買い上げくださいました方々、
本当にありがとうございました!
夏に購入済みで感想をくださるためにお越しいただきました方々、
ありがとうございます! 皆様のお声がなによりの活力となります!
布教用に4本購入された方や、ツイッターで絡んでくださっている方と
お話しできました事は、大切な思い出でございます!
たくさんの方に愛していただける作品になった事が実感でき、
嬉しいのと同時、身が引き締まる思いでした!
第二部は先に発表いたしました通り、
8月コミケ合わせの発売
となりましたが、
より良い作品になるよう精一杯制作に努めて参りますので、
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます!
■ 特設サイト
http://nostalgia2010.com/soushituproject/
「喪失の少年少女 第一部:殺」 は現在各所品薄となっておりますので、
興味をお持ちの方は是非この機会にお願い致します!
特設サイトに、販売店様リンク一覧・体験版・OPムービーがございます。
ぜひアクセスしていただければと思います。

最後に、遅ればせながら新年あけましておめでとうございます!
本当に遅過ぎるご挨拶となりましたが(汗
今年もよろしくお願い申し上げます!

2014年、サークル一同、飛躍の年になるよう精一杯がんばります!!




喪失の少年少女:死 イメージビジュアル公開!

第二部二回目告知のコピー

どうもおつかれさまですこんばんは、よしのよしゆきでございます。

なんたら男子とかなんたら女子とかって盛り上がる昨今、
たくさんの方がクリーチャー系女子と恋してくださったようで、
ぼくらも嬉しく思ってます!
あ、クリーチャーと恋愛するギャルゲー
「クリーチャーと恋しよっ! -ここのえこころ-」
のことです、はい。ちょっと前に無料公開しました!
実況プレイしてくださる方もたくさんいらっしゃって恐縮!
楽しんで(?)くださりありがとうございます!
いつぞやの生放送では来場者2000人を記録したとかで、
嬉しいかぎりです。
気持ち悪いか気持ち悪くないか普通か変か
実際にプレイしてみていただければと!
こちらから無料ダウンロードできますー!

■ クリーチャーと恋しよっ! -ここのえこころ- (ふりーむ!様)
http://www.freem.ne.jp/win/game/5619

そして、ここからが本題。
当サークルの最新作「喪失の少年少女 第一部:殺」ですが、
好評をいただきまして、本当にありがたく!!
たくさんの感想が僕らの原動力となってます! ありがとうございます!
もっともっとたくさんの方にプレイしていただきたく思い、
近々、第一部:殺をDLサイト.com様にて公開することにいたしました。
まだプレイしていない方は是非とも続報をお待ちくださいませ!
あ、パッケージ版は好評発売中です!
販売店一覧や予告ムービー・OPムービーを特設サイトにて公開中です!
体験版もフリー公開してます!

■ 喪失の少年少女特設サイト
http://nostalgia2010.com/soushituproject/
■ パッケージ版(amazon様)
http://amzn.to/1bLbKhH
■ 体験版(ふりーむ!様)
http://www.freem.ne.jp/win/game/5584
■ 体験版(サークル直DL)
http://nostalgia2010.com/soushituproject/satsu/special.html
■ 喪失の少年少女 特設サイト( パッケージ版販売店一覧 )
http://nostalgia2010.com/soushituproject/
■ 第一部:殺 OPムービー
http://www.youtube.com/watch?v=3Ke-32XO96A
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20827762
■ 第二部:死 予告ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=YUA6dzf5fWY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21654278

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
喪失の少年少女 第二部:死 ですが、特設サイトを現在制作中です!
今後も見守っていただけますと幸いでございます!

ありがとうございました!
またおねがいします^^

一番上の画像、拡大してご覧いただければ幸いです!
最新作イメージビジュアルですー!





次回作について

第二部初告知のコピー


おつかれさまです。こんばんは、よしのよしゆきです。

まずは、遅ればせながらコミケおつかれさまでした!
おかげさまで200本を完売させる事ができました!
これも全てはいつもリツイート等でご支援いただいている皆様のおかげで、
感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございます!!


そしてなにより、会場でご購入いただきました方々!
おとといからはじまった委託販売分お買い上げの方々!
本当にありがとうございました!

長ったらしい作品ですが、最後までプレイしていただければ嬉しく思います!

拡散希望のツイッターがうるさい僕で申し訳ないかぎりなのですが、
リツイートのワンクリックがうちのサークルの原動力となっておりますので、
今後もあたたかく見守っていただければ幸いでございます!


そして、応援イラストをたくさんのイラストレータさんからいただきまして、
本当にありがとうございました!


さらにさらに感想や激励の言葉をくださった方々、
ありがとうございました!
今後の作品を制作するにあたっての、最高の糧でございます!


ありがとうございましたばかりで、アレなのですが、
本当に僕らのサークルはたくさんの人に支えられており、
感謝してもし足りないくらいで、
楽しんでいただける作品を提供する事で、なんとか恩返しになればと
思っている次第でございます!


あと、おとといから店頭販売と通信販売がはじまりました!
体験版も公開してますので、体験版をやってみてから、
お気に召しましたら、ぜひとも製品版をプレイしていただきたく!


■ 製品版(amazon様)
http://amzn.to/1bLbKhH
■ 体験版(ふりーむ!様)
http://www.freem.ne.jp/win/game/5584
■ 体験版(サークル直DL)
http://nostalgia2010.com/soushituproject/satsu/special.html
■ 喪失の少年少女 特設サイト( 製品版販売店一覧 )
http://nostalgia2010.com/soushituproject/
■ 第一部:殺 OPムービー
http://www.youtube.com/watch?v=3Ke-32XO96A
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20827762
■ 第二部:死 予告ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=YUA6dzf5fWY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21654278

最後に、第二部の公開に関してですが、
予告ムービーに今冬発売予定と書いた事で誤解を招きまして、
たくさんの方から冬コミ発売頑張ってくださいとのお言葉をいただいたのですが、
申し訳ありません。14年2月のコミティア発売を目処に制作しております。
何卒、よろしくお願い申し上げます。


好評をいただいておりまして、本当にありがとうございます!
今後もnostalgiaと喪失プロジェクトを何卒よろしくお願い申し上げます!!


あ、第二部:死の予告ムービーは
IRISCATのみれこた+さん(動画)とyosiyosiさん(音楽)の
すごくかっこいいものに仕上がってます!
ネタバレはありませんので、未プレイの方もどうかご覧いただきたく!


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
それでは、失礼いたします!
またお願いします^^
ありがとうございました!





最新記事
カテゴリ
プロフィール

よしのよしゆき

Author:よしのよしゆき
趣味:写真撮影と物書き
コメント:ゲーム制作サークルnostalgia代表・シナリオ担当。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。